どついたるねんライブ 18禁にする必要を感じない作品!!

どついたるねんライブはハマジムの作品で、変態若頭・梁井一監督の作品です。

ライブハウスで、ライブビデオとアダルトビデオが同時に楽しめる作品になっています。でも、ライブの方に目が行くようになるのが不思議!

ハマジムと言えばAVメーカーなのに何でバンド演奏とAVシーンを同時にと疑問が多々ありましたが梁井一監督がBiSキャノンボール2014で音楽が好きという紹介があったことを思い出し、ワクワクしながらどついたるねんライブを観ることに!

この作品に登場するAV女優は横山夏希。彼女作品はHMJMの作品と淫語中出しソープシリーズなどで目にしたことがあります。女子大生時代にカンパニー松尾監督の作品に出演していたらしく今は就職してOLをやりながらAV女優もやっているそうです。働き者だなぁ(^_-)-☆

病気とかしてないのに健康な身体でニートをやってる人に横山夏希さんの爪の垢を煎じて飲ませてやりたいです!!
AVをやれとかそういうことではなく「働く」ということが大事です!

特典映像で、詳しく彼女のフェロモンが判るようになっていますが、私はまだ特典映像を観てません!だから、特典映像についてはネタバレが出来ません(笑)
いや、そんなネタバレをしたら後が恐いのでどっちにしてもネタバレしません(笑)

ライブハウスでは梁井一監督とAV男優の沢井亮さんが、打ち合わせ的なことをやっていている最中にカンパニー松尾監督は、横山夏希さんとホテルでハメ撮りを楽しんでいます。

ライブハウスには大勢の人達が!
ライブ開始前に梁井一監督のあいさつが始まりAVの撮影でもあると説明もしますが観客はハイテンション!

ライブが始まり、どついたるねんメンバーが登場!
ボーカルが何人いるんだと彼らのライブを観ることに。ラップ調の曲もあればメロコア風の楽曲もあってワケが分かりません(笑)

ステージでパンク、ミクスチャーなど幅広く演奏しているどついたるねん!しかし、ステージの下では「横山夏希×沢井亮」がセックスをしています(笑)

熱いライブが行われている場所でAV撮影(*_*;
もう、意味不明ですよ・・・でも、不思議な感じで、卑猥だとかそんな気持ちになることはありませんでした!

音楽が好きな梁井一監督が手掛けたからこんな気持ちになったかもしれませんし、逆にロックバンドの生ライブ中にこんなAV撮影を行うことが出来るから変態若頭と呼ばれるかもしれませんね(●^o^●)他にも理由はありますけど・・・www

ライブの途中でステージの上にハメ撮り隊長のカンパニー松尾監督が現れ、どついたるねんメンバーが松尾監督を紹介する。観客をヒートアップするばかりで、今の瞬間を楽しんでいるように感じました。

ライブ映像がメインで、たまにセックスシーンも映ります(AVだからね)
こんなうるさい場所でよくSEX出来るなと思いながら笑うしかないですが、プロのAV女優・AV男優なので、梁井一監督の指示通りに仕事をしているので凄い!!

アンコールでこのペアが登場した時は、横山夏希は水着姿でしたが、汗だくでフェロモンを出しているのが魅力的!!

ライブ終了後
どついらるねんメンバーもそうですがお客さん、横山夏希さん、沢井さんも汗だく!
横山夏希×沢井亮は熱気が凄い場所でSEXしまくりだったので消費カロリーも凄いのだ(*^。^*)

このライブのお客さんの感想は、「思ったより爽やか」「何が起きてるのか全然解らなかった」「こんないいライブもう死ぬまでないかもしれない」「想像以上にエロい感じがしなかった」などなど。

※ダウンロードはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
どついたるねんライブ 横山夏希
セットリスト
01 music
02ウーチャーハン2
03 精神
04 UNCHAIN
05 可愛さ余って憎さ百倍
06 such a sweet lady
07 BODY GUARD
08 遠浅の部屋
09 生きてれば
10 ジェロニモFUNK
11 グリーンマン
12 カズダンス
13 LONG HOT SUMMER〜ハイタッチ
14 バサラがマフィン
15 静かなるドン
16 わたるちゃん
encore
e01 人生の選択
e02ばっちこーい!サラダバー
全18曲です。

どついたるねんライブはAVなのに卑猥とか変な気持になりませんでしたので18禁作品にしなくても良いと思います!!今の18歳未満はスマホなどでネットを利用して、卑猥とされる動画を観ていますし、そのような動画と比べたら「どついたるねんライブ」は18禁にする必要なし!
それにしてもファック松本の後ろにあったフェンダーのチューブアンプ欲しいので頑張って働かないとなぁ。

ついでに社会の底辺と言われる仕事はない!

どついたるねんメンバーもそうですが、一番エネルギーを使ったのは横山夏希×沢井亮です。最後にハマジムスタッフ紹介にタートル今田監督の名前がありましたが、タートル今田監督は引退したので淋しい気持ちですが、テレクラキャノンボール2020で復活するはず!

どついたるねんライブはAVなのにお子さんにも安心して見せれる作品と勝手に思い込んでます!
一度チェックしてみて下さい!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
どついたるねんライブ 横山夏希

※FANZA動画人気作品はこちら↓

・音楽が好きな人、楽器が好きな人へ。

どついたるん」はパンクもやればレゲエやミクスチャーなど、幅広いジャンルを演奏するバンドなのはたしかです。
ギタリストのファック松本の後ろには、フェンダーのツインリバーブと思われるチューブアンプが置いてあり、最初はヤマハのSGタイプのギターでプレイしていましたが、途中からフェンダーのテレキャスターを使用。テレキャスターを見るとフロントに搭載されているピックアップがフェンダーのものではなくセイモア・ダンカンのミニハムバッカーになっていました。フロントがミニハムバッカーで、リアは通常のシングルコイルの組み合わせです。かなり拘りがある改造だと思います。

サポートメンバーにキーボードがいますが、ミクスチャーなどのジャンルも演奏する「どついたるねん」にとって電子音が流れるのは当然のことですが、その電子音にファック松本がファンキーなリズムカッティングを行いフェイザーなどのモジュレーション系の音は使ってないのか疑問に思いました。リズムがやや複雑なのにそれをキープしながらバランス良くあのようなプレイが出来ることは素晴らしいです。

どの曲かは知りませんがベーシストのダバスが、テクニカルなプレイを披露し、プレジョンベースの太い音を利用した音色に聞こえました。

※楽器に興味がある人はこちらのサイトもチェックしてみて下さい!!⇒クランチサウンドをギターで鳴らすブログ